Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

プラサーダム

プラサーダム - iskconosaka ページ! より

プラサーダムの本来の意味は、" 神の慈悲 " です。バガヴァッドギーター第9章26節でクリシュナは「もし人が愛と献身で葉、花、果物、水を私に捧げるならば、私はそれを受け入れよう」と言っています。私たちクリシュナの献身者は、毎日心を込めてクリシュナのために、新鮮な野菜や果物を使って料理を作り、出来上がった料理をクリシュナに捧げてから、そのお下がりをいただきます。

 クリシュナにまず最初に召し上がっていただくため、料理中に味見はしません。

こうして愛と感謝の心で捧げられたもののお下がりをプラサーダムと呼ぶのです。

全ての喜びはクリシュナを通して味わえます。クリシュナとの触れ合いの中で感覚は完璧に満たされます。ですからクリシュナに捧げた料理を食べることで私たちは満足できます。

 

私たち献身者は、肉、魚、卵など、動物を殺して食べることはしません。また、無知の様式とされている、匂いのきつい、にんにく、ねぎ、ニラ等の五葷と言われるものやキノコ類も避けています。

 なぜ肉食はいけないのか?という質問をよく受けますが、クリシュナに捧げるのに、残酷に殺された動物の死体はふさわしくないからです。狭くて不潔な檻に繋がれ、多くの薬品を投与され、不自然に太らされた挙句、屠殺場に送られ、恐怖と苦しみと痛みの中で殺されていった動物の死体を食べることが、私たちの身体や心に良い影響を与えるとは考えられません。自分たちの感覚満足のために何もわざわざ動物に苦痛を与えなくても、新鮮な野菜や果物、穀物、ナッツ類を使って、栄養豊富でおいしい料理をいくらでも作ることができます。そして牛を殺さなくても手に入る、牛乳や乳製品もたいへん価値のある食品です。でも野菜や果物にも命があるのでは?という質問もよく受けます。その通りです。ですから、まず、全ての存在の源であるクリシュナに捧げてからいただくのです。プラサーダムとは、クリシュナに捧げられた、カルマ(罪の反動)のない食事なのです。

 食べた物が私たちの身体を作り、また意識にも影響を与えます。クリシュナ意識を修練する献身者は、毎日クリシュナのプラサーダム(慈悲)をいただいて、心も身体も浄化するのです。

 

 

食べ物と食習慣

21 - Hare Krishna ISKCON JAPAN  より

アーハーラ スッダウ サットヴァ スッディヒとヴェーダ経典は言っています。「食べ物が純粋であれば存在全体が純粋だ」

ヴェーダ経典を学んでいる人は伝統的に食べ物にはとても厳格です。料理人の意識が食べ物の中に反映されると考えるため、料理人の思考も食すこととなり料理人のカルマの反動を受ける結果になります。ですから、悪い習慣や不浄な意識の人が調理した食べ物を献身者は食しません。主チャイタンニャが言われました。「物質的な人が調理した食べ物を食すと心も物質的になる。心が汚染されているとクリシュナを正しく思うことができなくなる。」(『シュリー・チャイタンヤ・チャリタームリタ』アンティァ リーラー6章278節)ですから、献身者はクリシュナ・プラサーダムのみを食するよう修練します。

プラサーダムにはカルマがないだけでなく浄化作用のある食べ物です。クリシュナ意識の原則に従っている献身者が心を込めてクリシュナのために料理し捧げた食べ物だからです。クリシュナ意識を早く発達させるためには食を厳格に守ることも必要です。クリシュナ・プラサーダのみを食する生活にすることが一番の方法です。

ですが、献身者だっていつも厳格に守るのは無理です。忙しく働いている独身者や旅行を頻繁にする人は時には食べ物を買って食べなければなりません。外で食べ物を買うのであれば果物が一番良いでしょう。乳製品(牛乳、ヨーグルト、牛乳で作ったお菓子、チーズなど)も一般人が作っていても純粋であると考えられます。

一般的なレストランでの食事は献身者にはよくありません。非常時にレストランに行かざると得ないような場合は清潔な菜食のレストランに行った方がよいでしょう。料理のなかに玉葱やニンニクが入ってないかチェックしてください。肉も出すレストランでは、菜食料理であっても絶対食べてはいけません。

現在インドでは卵は菜食主義者の食べ物であるという噂が広がっています。生物学的には栄養豊富な卵は胎芽(液体の肉)です。栄養のない卵は鶏の月経です。卵は非菜食主義者の食べ物だとシャーストラも言っています。シャーストラに反することは全て嘘だと思ってください。科学者や政治家や養鶏家は甘い言葉で私たちを騙そうとしているのです。騙されてはいけません。

カルマの法則によると、一般人が調理した穀物はカルマの反作用が大きいのです。ポン菓子やポップコーンなどは、良くはないのですが、一般人が調理していても余り害はありません。しかし、一般人が調理したパンやビスケットは、カルマの影響が非常に大きいですから完全に避けた方がよいでしょう。

玉葱やニンニクは厳格に禁じられています。クリシュナに捧げられないからです。肉のように最も低い自然の様式(タモ・グナ、無知の様式)で意識に影響するからです。

お茶やコーヒーやチョコレートのようなマイルドな陶酔物も止()めた方がいいでしょう。不健康で不純で不必要であるばかりか習慣性もありクリシュナに捧げることができません。

また、一般人が調理する食品に含まれる非菜食主義者の原材料にも気を付けて下さい。パン、ビスケット、アイスクリーム、缶詰類(欧米の国々ではチーズやヨーグルトも)も卵成分やレンネット(牛の胃の粘膜)そしてゼラチン(動物の骨から抽出されている)を含んでるので避けてください。パッケージの箱に「ショートニング」や「レシチン」などの何かよく解らない添加物が書いてあります。原材料が植物か動物かわかりません。そのような場合に心配するくらいなら買わないほうがいいでしょう。

結局、なんだかんだといってもクリシュナ・プラサーダのみに執着しているのが一番です。今の人は調理を面倒がりますが健康の面からも家庭料理が一番です。精神面の健康は言うまでもありません。