Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

量子

三雅出版●パラマハンサ・ヨガナンダとの対話

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160725095555j:plain

<35ページ 第3章 宇宙の本質は夢 12 より>

「どうして地球は太陽から離れて飛んで行かないか知っているかな?」新しい弟子に向かってヨガナンダが問いかけました。

「太陽の引力が捉えているからです」そう弟子は答えました。

「では、どうして地球は太陽に引っ張り込まれてしまわないのかな?」

「地球には遠心力が働いていて、それが中心から外へ逃げようとする力になっているからです」

 師は、ひとり微笑んで、その話をやめてしまいました。それから何ヶ月かして、その弟子は、はたと気づいたのです。師は、神を太陽に、人間を地球に喩えて、神はすべてのものを自らのもとへ引き寄せているのに、人間は地上の欲望を追い求めて、神の引力からいつも逃れようとしていることを示唆していたのだと気づいたのです。

 パラマハンサ・ヨガナンダは、この世の多忙を理由として、神の引力に逆らうべきではないというヒントを与えていたのです。

 

 

 

 

haken.inte.co.jp

 

 

 

 

聖なる科学(スワミ・スリ・ユクテスワ)

 

スピリチュアルな名著で道を極める | 考えるための書評集