Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Ayurveda を学ぶ(か?)

 

日本アーユルヴェーダ学会

アーユルヴェーダ - Wikipedia

 



日本におけるアーユルヴェーダの概観

 

アーユルヴェーダ サダナンダ

 

 

 

Babaji's Kriya Yoga

 

 

re·source & 参考になるサイト

18 Postures of Kriya Babaji: The 18 Kriya Postures of Babaji Nagaraj

 http://www.babajiskriyayoga.net/japanese/home.htm

 

Babaji's 18 Kriya Postures

 
1. Kriya Vanakam Asanam (Kriya Pose of Salutation)
2. Surya Chandra Namaskaram (Salutation)
3. Sarvangasanam (Integral Shoulder Pose)
4. Meenasanam (Fish Pose)
5. Nidra Kokkuasanam (Standing Crane Pose)
6. Vilasanam (Bow Pose)
7. Vibareethakarani Asanam (Topsy Turvy Pose)
8. Pathi Meenasanam (Half Fish Pose)
9. Kalapi Asanam (Plough Pose)
10. Paambu Asanam (Cobra Pose)
11. Yoga Mudrasanam (Yogic Symbol Pose)
12. Paathi Chakra Asanam (Half Wheel Pose)
13. Amarntha Kokkuasanam (Seated Crane Pose)
14. Vittel Asanam (Grasshopper Pose)
15. Uruthi Oli Mudra Asanam (Supine Pose of Firmness and Light)
16. Mandi Uruthi Asanam (Kneeling Pose of Firmness)
17. Mukana Asanam (Triangle Pose)
18. Purna Shava Shanti Asanam (Complete Pose of Relaxation and Peace)
Shanti Mantra (Mantra of Universal Peace)

 

1. Kriya Vanakam Asanam (Kriya Pose of Salutation)










 

Sequence
1. Heels together, toes apart.
2. Kneel.
3. Crown on floor with hands at sides.
4. Palms together in front of head.
5. Raise feet and chant Om Kriya Babaji Namah Aum.
6. Lower the feet.
7. Return hands to sides.
8. Lift your head and slowly stand.

Benefits
Can be practiced by old and young. Strengthens the lower back, spine and shoulders. 

Relaxes and reduces mental and physical stress. Activates the crown chakra.
Reminds us that the body is God’s temple and should be given the same care and spiritual attention we would any other temple.

Contra-indications Collapsed spinal disc, slipped disc or prolapsed disc.
 
 
 
2. Surya Chandra Namaskaram (Salutation) 

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727021055j:plain


Sequence

  1. Stand with heels together, toes apart, hands in Vanakam Mudra (prayer position). Inhale.
  2. Lift arms above the head, arching back slightly. Exhale.
  3. Bend forward to touch toes. Head should touch knees, keeping the legs as straight as possible. Inhale.
  4. Take the right leg back, keeping the left leg forward. Exhale.
  5. Take the left leg back, place the feet together, balance on the toes, raise pelvis, keeping hands on the floor and head down (mountain Pose). Inhale.
  6. Lower the body to the floor so that the feet, knees, hands and forehead are touching the floor, with buttocks raised. Exhale.
  7. Lower hips to the floor, straighten arms and arch back, raising the body and pushing the shoulder blades together. Look up and back (cobra pose). Inhale.
  8. Lift the pelvis, keeping the head down. Exhale.
  9. Bring the right leg forward and look up. Inhale.
  10. Left leg forward, with head touching knees. Exhale.
  11. Straighten up and lift arms above head. Inhale.
  12. Hands in prayer position. Exhale.
  13. Repeat from 2 to 12, but taking the left leg back before the right and then bringing the left leg forward before the right.

Remain conscious of the breath with each movement! 

Benefits

Energizes all parts of the body. Keeps the stomach, intestines, pancreas, heart and lungs in good health. Helps cure deformities of the spinal cord and waist area. Promotes flexibility of the spine. Increases and regulates the blood circulation of the entire body, aiding in purifying the blood and destroying skin disease. Strengthens the muscles of the hands, legs, shoulders and thighs.


Increases brain power, mental strength and quickens thought processes. Helps to heal diabetes and promotes overall physical health. 

The sun magnetizes and energizes the body. Surya Chandra Namaskaram should be ideally practiced outside. During this sequence, focus on invoking the Divine Light represented by the sun and the moon, and absorbing that light into the entire physical and subtle system.

 

 

 

3. Sarvangasanam (Integral Shoulder Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727021159j:plain


Sequence

1. Heels together, toes apart.
2. Lie down on the back.
3. Raise both legs, keeping legs bent at the knee, and buttocks on the floor. Flex and rotate the ankles.
4. Raise trunk straight up, chin to chest, hands supporting the back and pelvis directly above shoulders, forming a triangle between the shoulders and head by moving elbows closer together.
5. Hold the posture for 16 natural breaths.

  1. Slowly lower the legs.
    7.  Return to position 2 before standing up. 

Benefits:
Activates the thyroid and keeps it healthy, thereby reducing obesity, weakness and tiredness.
Strengthens the adrenal and reproductive glands. Helps to heal asthma and can increase height.

Contra-indications High blood pressure, heart disease, ear or eye ailments, slipped cervical vertebrae or slipped disc, enlarged liver or spleen, hyperthyroidism and initial days of menstrual cycle.

 

 

 

4. Meenasanam (Fish Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727021305j:plain

Sequence
1. Heels together, toes apart.
2. Sit with legs crossed, right leg on the outside. Grasp the toes.
3. Lie back, still grasping the toes.
4. Arch the chest until crown of your head touches the floor. Push knees towards floor, raising the chest further. Hold for 16 breaths.
5. Sit up, lean forward and touch the head to the floor.
6. Roll backwards with feet touching floor above head. 

Repeat positions 5 and 6 ten times in a rolling motion, 10 times. Sit up and slowly return to standing position 1. 

Benefits

Strengthens the stomach, activates the digestive system, especially the intestines. Reduces constipation and promotes ongoing health of the thyroid, parathyroid and adrenal glands.

Strengthens the spine and lessens cervical problems.

Prevents shifting of the navel. Strengthens the lungs thereby healing associated health conditions like asthma and respiratory problems.

Contra-indications: Heart disease, during pregnancy, when peptic ulcers are present, spinal bifida and when there are  pinched nerves in cervical vertebrae.

 

 

 

5. Nidra Kokkuasanam (Standing Crane Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727021338j:plain


Sequence

  1. Heels together, toes apart.
    2. Stretch hands above head, arching back and looking upwards.
    3. Bend forward from the hips, slowly stretching arms towards the feet.
    4. Gently ‘bounce’ up and down, moving hands closer to the feet until hands can  touch the floor. Interlock fingers to bring hands closer to the floor.
    5 .  Raise the arms.
    6. Return to standing position. 

Benefits
Alleviates gastric and urinary disorders. Helps to cure constipation and relieves gas problems. Relieves lumbago, sciatica and stiffness of the back. Heals liver disorders and diabetes. Rectifies shortening of limbs due to breaks or fractures.

Contra-indications Heart disease, prolapsed disc, high blood pressure, sciatica and abdominal hernia.

 

 

 

6. Vilasanam (Bow Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727021412j:plain

Sequence

1. Heels together, toes apart.
2. Lie on front with arms at sides and forehead touching floor.
3. Kick the buttocks with the heels.
4 Grasp the ankles, arch the back, attempting to straighten the legs while raising the head upwards.
5. Rock forward and backward.
6. Roll side to side from right to left. (Cross arms behind back if there is difficulty in holding the ankles.)
7. Relax and return to centre. 

Benefits
The rocking motion of this posture massages the internal organs of the abdomen and gradually reduces excess fat in the waist, buttocks and abdomen.

Massages the vertebral column and limbers up the spine, strengthens the thigh muscles, stimulates the solar plexus chakra. and promotes suppleness of the ankles.

Contra-indications Heart disease, high blood pressure, peptic or duodenal ulcers and colitis.

 

 

 

7. Vibareethakarani Asanam (Topsy Turvy Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727022840j:plain


Sequence

  1. Heels together, toes apart.
    2. Lie down on the back.
    3. Raise both legs, keeping legs bent at the knees
    4. Raise the upper body up onto the shoulders, supporting the weight by placing hands at the hip area, keeping the elbows on the floor as close together as possible. Centre of gravity should remain in the chest area.
    5. Slowly place the right foot onto the left knee, keeping the right knee in line  with the nose. Hold, then place the left foot onto the right knee and hold.
    6. Slowly lower the legs.
    7. Lie on the back before returning to standing position. 

Benefits
The benefits for this posture are the same as those of the shoulder pose. It strengthens the waist and the knees and improves the concentration. Helps to relieve bronchitis, tonsillitis and emphysema.

Contra-indications Heart disease, high blood pressure, enlarged thyroid, prolapsed disc and spinal bifida, during first days of menstrual cycle.

 

 

 

8. Pathi Meenasanam (Half Fish Pose)










Sequence

1. Heels together, toes apart.
2. Lie down on the back.
3. Raise the chest, arching the back and resting the crown of the head on the floor. Hold.
4. Place the palms on the thighs and the elbows on the floor.
5. Slowly lower the back and relax.


Benefits

Benefits those with chest conditions, chronic cough, tonsillitis asthma and respiratory tract problems. Helps to relieve inflamed and bleeding piles and constipation. Corrects menstrual and uterine disorders and helps to reduce symptoms of diabetes.


Contra-indications none.

 

 

 

9. Kalapi Asanam (Plough Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727021707j:plain


Sequence

  1. Heels together, toes apart.
    2. Lie down on the back.
    3. Raise legs, keeping knees bent.
    4. Gradually straighten legs and continue to raise them above the head as in the shoulder stand. Continue to bring legs over the head until the feet touch the floor behind the head, keeping the legs as straight as possible. Breathe normally.
    5. Lift legs to shoulder pose before slowly lowering them to the floor.
    6. Relax for a few moments before standing up. 

Benefits
Relieves rheumatic conditions and tension in the bone structure. Alleviates pain in the shoulders, waist and neuralgic pain in the back. Eliminates arthritis and varicose veins effectively. Eradicates gastritis and flatulence, and promotes proper digestion preventing constipation, cures piles in the early stages and prevents cramping. Relieves headaches, asthma and bronchitis, promotes health in diabetics and reduces menstrual problems and ailments of the uterus and ovaries.

Contra-indications High blood pressure, hernia, arthritis of the neck, slipped disks, sciatica or when there is weakness in the cervical vertebrae.

 

 

 

10. Paambu Asanam (Cobra Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727021739j:plain

 

Sequence
1. Heels together, toes apart.
2. Lie down on the front with hands at the sides.
3. Place the palms on the floor underneath the shoulders and slowly lift the head, shoulders and torso.
4. Arch the back, raising the torso up by straightening the arms. Keep the pelvis on the floor and the elbows close to the chest. Knees should be slightly off the floor.
5. Slowly lower the back and head and arms.
6. Relax with arms at the sides.

Benefits
Cures back pain. Removes gas from the stomach and intestines and aids in the digestive processes, improving bowel movements. Cures low blood pressure Promotes regular menstrual cycles and reduces ovarian and uterine problems.

Contra-indications: Chronic back pain, pregnancy, pinched nerves in spinal column and spinal bifida.

 

 

 

11. Yoga Mudrasanam (Yogic Symbol Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727021846j:plain

 

Sequence
1. Sit with legs crossed, left leg on the outside. Extend arms out to the sides, palms open.
2. Place the thumbs into the centre of each palm and close the fingers over them.
3. Place the fists together and massage the abdomen by rubbing the knuckles together and pressing gently downward into the stomach.
4. Bend forward and continue to massage the abdomen.
5. Sit upright and place the fists at the base of the spine, massaging the lower vertebrae with the knuckles.
6. Bend forward while continuing to massage the back before releasing the mudra and returning to position 1.

Benefits
Increases internal abdominal compression and restores abdominal organs to their proper places. Tones the small intestines, colon, prostate gland and kidneys. Strengthens the muscular walls of the abdomen and relieves chronic constipation.

Contra-indications: Heart disease, serious back conditions, after surgery or childbirth and when there are contractures of the knee.

 

 

 

12. Paathi Chakra Asanam (Half Wheel Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727021929j:plain

 

Sequence
1. Heels together, toes apart.
2. Lie down on the back.
3. Pull the feet towards the buttocks by grasping the ankles.
4. Keep holding the ankles, while slowly lifting the back, buttocks and torso, keeping the crown of the head on the floor.
5. Extend the hands along the sides of the head, shoulder-width apart,towards the head, palms to the floor and fingers facing inwards, while pushing the abdomen upwards towards the ceiling, using the arms and legs. Relax the head, allowing it to hang between the arms.
6. Slowly lower the body and relax.

Benefits
Strengthens the back and abdominal muscles. Activates proper intestinal function. Exercises the neck and shoulders. Promotes proper working of liver and improves colon activity.

Contra-indications: Heart disease, high blood pressure, prolapsed and slipped disk and arthritis of the neck.

 

 

 

13. Amarntha Kokkuasanam (Seated Crane Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727022005j:plain

 

Sequence
1. Heels together, toes apart.
2. Lie down on the back .
3. Stretch arms above the head one floor.
4. Sit up, elongating back, and stretch hands towards feet, gently moving back and forth. Pull the stomach in towards the spine.
5. Extend the hands to beyond the feet, grabbing ankles if necessary, and extend the torso forward.
6. Return to position 3 with the hands above the head. Repeat steps 3 to 6 ten times, similar to performing sit-ups.
7. Relax with the arms at the sides. 

 

Benefits
Maximises the stretching of the spine, tones the spinal muscles and prevents a stiff spine.Tones the nervous system. Improves digestion and relieves constipation. Aids in low blood pressure. Reduces abdominal obesity and fat on the hips, buttocks and thighs.

Contra-indications: During sciatica nerve pain attacks (but can prevent reoccurrence if practised during pain-free states), if suffering from Kyphosus (hunchback).

 

 

 

14. Vittel Asanam (Grasshopper Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727022037j:plain

 

Sequence
1. Heels together, toes apart.
2. Lie down on the front, arms at the sides. First raise the right leg, tense the buttocks and hold, keeping the hips flat. Lower and repeat with the left leg
3. .Place right hand close about 10cm away from right hip and roll over onto right side (keep right knee slightly bent), with left hand on thigh, raise left leg, keeping it straight,  and move it up and down in a ‘scissors’ motion.
4. Return to the centre and repeat on the opposite side.
5. Return to centre. Raise both legs together from the hips while lifting  the arms and head at the same time.
6. Relax with arms at sides. 

 

Benefits
Strengthens the leg muscles and tones the pelvic area and dorsal muscles. Aids in combatting rheumatic pain of the hips.
Reduces fat on the hips and promotes regular menstruation.

Contra-indications: Heart disease or heart weakness.

 

 

 

15. Uruthi Oli Mudra Asanam (Supine Pose of Firmness and Light)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727022104j:plain


Sequence
1. Heels together, toes apart.
2. Lie down on the back.
3. Raise both knees, keeping buttocks on the floor. Clasp hands behind the knees, interlocking the fingers.
4. Keep the hands clasped behind the knees and slowly move forward into a sitting position, balancing on the buttocks.
5. Straighten the legs so that the legs and body form a ‘V’ shape. Use the stomach muscles to help you balance.
6. Slowly lower the legs.
7. Return to lying position with arms at sides. 

Benefits
Relaxes the whole body, especially  the neck muscles. Strengthens the pelvic and hip region. Heals kidney problems, strengthens the back and shoulder region.

Contra-indications: If slipped disk and lower back problems are present, practice with caution.

 

 

 

16. Mandi Uruthi Asanam (Kneeling Pose of Firmness)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727022142j:plain


Sequence

1. Heels together, toes apart.
2. Kneel, with feet apart so that the buttocks rests on the floor.
3. Gently bounce up and down, holding the ankles.
4. Lie back slowly with arms behind the head until the back rests on the floor.
5. Return to sitting position and relax.
6. Return to standing position.  

Benefits
Activates the large intestines and reduces constipation. Beneficial for proper kidney functioning. Strengthens the knee ligaments and muscles of the legs.

Contra-indications: Sacral conditions, bad knees, sciatica and slipped disk.

 

 

 

17. Mukana Asanam (Triangle Pose)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727022217j:plain

 

Sequence
1. Stand, with legs shoulder-width apart
2. Extend arms to the sides, pointing the index fingers.
3. Bend forward, touching the right big toe with the right index finger, then the left big toe with the right index finger, and back to the right big toe.
4. Return to centre.
5. Bend forward, touching the left big toe with the left index finger, then the right big toe with the left index finger, then back to the left big toe.
6. Return to centre
7. With the right foot slightly forward, bend backwards, then forwards, head touching the knee.
8. Return to centre.
9. With the left foot slightly forward, bend backwards, then forwards. Turn to the left side and touch the head to the knee.
10. Return to centre.
11. With both feet aligned and facing forward, lean backwards and then forwards. Clasp the hands behind the back and stretch, raising arms upwards, then bending forward.
12. Return to centre.

Benefits
Improves the appetite and relieves constipation. Cures urinary disorders, alleviates backache and sciatica by transporting blood to the spinal nerves. Improves the memory, strengthens vertebral nerves and internal abdominal organs and helps to overcome fatigue.

Contra-indications: None.

 

 

 

18. Purna Shava Shanti Asanam (Complete Pose of Relaxation and Peace)

f:id:TheJourneyBeyondYourself:20160727022248j:plain

 

Sequence
1. Heels together, toes apart.
2. Lie down on the back. Clench and relax each hand, right first and then left, with the thumb clasped inside the palm
3. Alternately raise and lower each leg slowly, first right and then left. Flex each foot forwards and backwards at the ankle and allow each to fall to the ground.
4. Slowly raise each arm and lower to the ground, bending the elbow slightly and keeping the shoulder relaxed.
5. Turn the head from left to right 5 times each side.
6. Relax the entire body.

Benefits
Regulates blood circulation and reduces high blood pressure. Helps recovery from long-standing pains. Cures psychosomatic disorders. Slows the respiratory rate, thereby resting the heart and nerves. Relieves giddiness, nervousness and irritability and alleviates angina and cardiac problems.

Contra-indications: None.

 

 

 

The Shanti Mantra of Universal Peace

 

The Shanti Mantra of universal peace is recited after each Kriya Yoga class.
 
Om Shanti Shanti Shanti Shalom, Sat Nam Sadhu.
Tao Em Aum Spirit Swami Kami
Amin Amen Aumen
Selah Hum
Aum
 

#babaji #ババジ #kriya #kriyayoga

ヨガの八支則


SOURCE & 参考になるサイト

【ヨガの八支則】 - 【町田のインド伝統式ヨガ】RISHIKESH YOGASHALA

第2章        パタンジャリのヨーガスートラ

 

 

パタンジャリのヨーガスートラ

ヨーガの八支則(アシュタンガ・ヨーガ)

※サンスクリット語でアシュタは「8」、アンガは「部分」の意味

 

(1)ヤマ(yama) 禁戒。社会的な道徳、他人や物に対して守るべき5つのこと。


・「Ahimsa(アヒムサー)」/非暴力
肉体的な暴力だけではなく、ココロの中にも暴力的な感情を生じさせないこと。

・「Satya(サティア)」/誠実
どんな時も嘘をつかず、正直に、誠実に生きること。

・「Asteya(アステーア)」/不盗(ふとう)
他人の物や時間、信頼などを盗まない。

・「Brahmacharya(ブラーマチャリア)」/梵行(ぼんぎょう)
自分のなすべき事だけを行い、エネルギーの無駄遣いをしない。

・「Aparigraha(アパリグラハ)」/不貪(ふどん)
執着をせず、必要以上のものを放棄することでココロの煩わしさから解放されること。


(2)ニヤマ(niyama) 勧戒。自分に課す約束や抑制、積極的に行うべき5つのこと。

 

・「Shaucha(シャウチャ)」/清浄

ココロや体、言葉等、いつも純潔な状態に保つ。

・「Santosha(サントーシャ)」/知足(ちそく)
物心、与えられたものに満足し、足りているということを知る。

・「Tapas(タパス)」/苦行
鍛錬すること、現実を受け入れる強さを培うこと。

・「Swadhyaya(スバーディヤーヤ)」/読誦(どくじゅ)
経典を学び、マントラを唱え、日々精神の向上を行うこと。

・「Ishvarapranidhana(イーシュバラ・プラニダーナ)」/祈念(きねん)
人や自然、あらゆるものに感謝し、献身的な気持ちをもつこと。

 

(3)アーサナ(asana) 座法。心統一の座り方
(4)プラーナヤーマ(pranayama) 調気法。呼吸のコントロール
(5)プラティアーハーラ(pratyahara) 制感。五感の制御
(6)ダラーナ(dharana) 凝念。集中すること
(7)ディヤーナ(dhyana) 静慮。瞑想、集中が深まった状態
(8)サマーディ(Samadhi) 三昧。心の働きが無くなった状態、悟り

 

 

 

 SOURCE & 参考になるサイトartmnet0 - YouTube

 

 それでは、これら総合的なラージャヨーガの代表的な教典、パタンジャリの「ヨーガ・スートラ」に添ってヨーガの構造や行法を見ていきましょう。

この教典はパタンジャリという聖人によって紀元前から綿々と受け継がれたヨーガを、紀元後4~6世紀頃に記述され完成されたといわれている教典です。

八段階の積み重ねによって構成されているので、アシュタンガ(8つの部分=八支則の)ヨーガと云われています。

この総合的なヨーガの行法は、その目的に到達するために、日常の生活においての行動の規範である禁戒や勧戒を山の裾野にして、段階的に体を整え、呼吸を整えながら、順次に山の高みに上っていく道のようです。そして、この実践の過程において、先回お話した五つの鞘からなる総合的な私達の存在の各層に働きかけ、人間が本来備えている肉体と精神とそして霊性の資質や能力が高められ、バランスあるものとなり、心身の健康度が飛躍的に高まり,その人自身の生き方(自己実現)に多大な実りをもたらすものとなります。  

第一段階 「禁戒(きんかい)」= ヤマ

 心の平安を得るためには、他者とのエネルギーの交流の中に私達の存在が成立しているという事実にめざめ、自ら発する他者への行為を良好にする事が大切です。これは「出したエネルギーの質が、何らかの形で、同じ質のものが当人に帰ってくる」と云うカルマの法則を基盤にしています。

禁戒の後に勧戒という順序は、命に良い事をなす前に、まず命を害するものをとり除くという事が先決で、医学でいえば薬を飲む前に、毒を吐き出させるという事になります。これを「金剛律(ダイヤモンドの戒律)」の後に「黄金律(黄金の戒律)」という順序となります。

ヨーガ・スートラでは、次の最も基本的な五つの生活法則を示しています。  

① 非暴力(アヒンサ)…仏教では不殺生戒

    生きとし生けるものに無用な暴力、殺生をくわえない。

すると、害されなくなる。

② 正直(サティア)…仏教では不妄語戒 

言葉と行動を一致させ誠実なものとする。                                       すると、信頼を得る。                                                

 ③ 不盗(アステーヤ)…仏教では不盗戒

     他人の物、時間、喜びなどを不当に盗らない。 

     すると、豊かになる。

④ ④梵行(ブラフマチャリヤ)…仏教では不邪淫戒

 性的エネルギーを適切にコントロールする。

      すると、強健になる。

⑤ ⑤非所有(アパリグラハ)…仏教では不貪戒(または不飲酒戒) 

所有欲を克服し、ものに執着しない。 

       すると、生の目的を悟る。

 

第二段階 「勧戒(かんかい)」= ニヤマ

 この地上において、本来の自己を実現するためには、日々の暮らしの中での良い生活習慣の積み重ねが最も大切です。

この勧戒は、自分自身の生活態度を改善し、心身ともに霊性を高める五つの生活法則「黄金律」が説かれています。

①        清浄(シャウチャ)…ヨーガにおいての清浄とは、外面と内面双方にお ける清潔さが求められています。肉体的な浄化法と心的な浄化法(慈悲喜捨)がそれにあたります。

②        知足(サントーシャ)…与えられた環境・現状をまず受け入れ、感謝し

     肯定の姿勢から物事に対処していく態度です。 

③        精進(タパス)… 日常において自らに課した「行」や仕事の積み重ね

  によって心身を強いものにして目標の実現力を高めます。

④        読誦(スヴァーディヤーヤ)…常に聖典を読んだり、真言を唱え、「生命

     の智慧」の理解と学習を怠らない事です。

⑤        自在神祈念(イーシュヴァラ・プラニダーナ)…各自を守っているハイヤ

    ーセルフともいうべき守護神に、人生における気高い目的の達成を常

    に祈り願う事です。  

第三段階 「体位法(たいいほう)」= アーサナ 

いよいよヨーガの特徴である、いわゆるポーズの段階になります。アーサナという名詞は、「座る」という動詞のアースから転化したもので、元来、「瞑想」を主な行法とするヨーガは、座ることが基本でした。およそアーサナ(座法=体位法)は大別して  ①瞑想の為のもの  ②リラックスの為のもの  ③身体を造る為のものとに分けられます。 一説ではシヴァ神は、8400万のアーサナを説いたと云われていますが、その中でも84のアーサナが優れていると云い、他のヨーガ教典では32種類のアーサナを説いています。現在でも、立位、座位、寝位のヴァリエーション(変形)を入れると、多くの種類になりますが、いずれにしても、ゆっくりとした呼吸と共に、身体のその一定の型を通して、動く瞑想、体を使った祈りと云った状態をめざし、身体的な健康を実現します。この領域はアンナマヤ・コーシャ(食物鞘)の調整になります。

 アーサナを日常生活の中で規則的に、一定の時間行じていくと、身体的には、血行を促し、筋肉、骨格、内臓器官、神経、ホルモン体などに良い影響を与え、ひいては、心の状態を安定させ、各人の性格や、生き方にも多大な影響を与えることとなります。

 ヨーガスートラにおいてはこのアーサナを以下のように定義しています。

  「座法(アーサナ)は安定していて、快適なものでなくてはならない」(Ⅱ-4)

  「緊張をゆるめ、心を無辺なものへ合一させなくてはならない。」(Ⅱ-47)  

  「そのとき行者はもはや、寒熱、苦楽、毀誉、褒貶等の対立状況に害されない。

                                 (Ⅱ-48)

※実際のアーサナの代表的な形と種類は後の「身心八統道」の項で説明いたしま      す。

 

第四段階 「調気法(ちょうきほう)」= プラーナーヤーマ

 調気法とは、宇宙のエネルギー=プラーナ(生命力)を呼吸法によって、コントロール(アーヤーマ)する行法です。様々に工夫された呼吸法によって、酸素を体内に取り入れ、血液を燃焼させ、生命エネルギーに転換する作用に加え、交感神経と副交感神経のバランスをとったり、感情とリンクして心の状態をコントロールのよすがともなるのです。そのことにより心肺機能を高め、病気を追放して、静かで落ち着いた心をはぐくみ、霊妙なる「宇宙の気」と交流します。この領域はプラーナヤマ・コーシャ(生気鞘)の調整になります。

 ヨーガスートラにおいては「プラーナヤーマを行ずる事によって、心の輝きを覆い隠している煩悩が消える」「その外、心が色々な凝念に堪えられるようになる」(Ⅱ-52・53)と述べられています。

※     実際の種類と技法は「身心八統道」の項に譲ります。

 

第五段階 「制感(せいかん)」= プラティヤハーラ

プラティヤハーラとは「向けて集める」という意味です。ここから、今までの身体生理的な部門から、心理的な部門へと入る掛け橋となるのがこのプラティヤハーラの段階です。

座法や呼吸法の後、意志的な「動作を納めて」、瞑想の姿勢に入ります。その時、生じてくる静けさの中にて、外の世界に向かう心や、感覚を対象から離し、意思の働きを内部に向けて、冷静に自己をみつめる心理作業の準備となります。外界の対象をはからずも、つかみ、つかまれている自分の思考と五感はおのずから、その対象から離れ、内面へと集中していく行法は、絶えず心を悩ませ、不安を与える問題から一旦心を引き離し、「なにものにも囚われない自在な心」にリセットするきっかけを作ります。この領域は、マノーマヤ・コーシャ(意思鞘)の調整に入ってきます。

ヨーガスートラにおいては「諸感覚器官がそれぞれの対象に結びつかず、あたかも心素(チッタ)自体に似たものの如くになるのが、制感(プラティヤハーラ)である」(Ⅱ-54)と述べられている。  

第六段階 「凝念(ぎょうねん)」= ダーラナー

凝念は、心をある一点にとどめて動かさないことです。この凝念と次の静慮、三昧の段階は実際には、はっきり分割できない一連の心理的流れとなり、一括して<統制(サンヤマ)>とよばれます。ここでは、主にロウソクの炎とか、特定の図形や、自分のみけんの一点に心を集中するとか、ひとつのテーマにイメージを集中する方法などを用います。この領域は、ヴィジナーナマヤ・コーシャ(理智鞘)の調整に入ってきます。

ヨーガスートラにおいては「凝念(ダラーナ)とは、心素(チッタ)を特定の対象物(場所)に縛り付けておくことである。」(Ⅲ-1)と述べられている。  

第七段階 「静慮(じょうりょ)」= ディヤーナ

凝念で一点に集中していた心が、その対象と同化し始め、それを中心にして、日常の意識を超えてある種の「洞察」や「ひらめき」が起こり、広く深く、自由に展開されていく状態のことです。その直感的映像や思考は、やがて自我の認識領域を越えて、新たなる「生命の智」をもたらす領域へと導いていきます。この「ディヤーナ」を中国で音訳し「禅那」となり、日本に渡って「禅」となっています。この領域は、ヴィジナーナマヤ・コーシャ(理智鞘)の中心的調整作業に入ってきます。

ヨーガスートラにおいては「その対象に対する想念が、ひとつの不断の流れになっているのがディヤーナ(静慮)である。」(Ⅲ-2)と述べられている。  

第八段階 「三昧(さんまい)」= サマーディ

自我の認識領域を越え、「生命の智」をもたらす領域の中に入ります。「梵我一如」の心境で対象も主体も、ともに合一した状態をいいます。仏教では、これを<空>といいあらわしていますが、この境地は「なにもない」という意味ではなく、直感的洞察や啓示の場であり、宇宙的意識の働く空間でもあります。そこでは、きわめて鮮明で充実した内容をもって、その味わいは、まさに新たな生命感と、宇宙的啓示と、感涙の時となります。ここは、アーナンダマヤ・コーシャ(歓喜鞘)の開示される領域になってきます。

ヨーガ・スートラにおいては、この体験を「真我がその周囲を取り巻いている自然的存在と自分とを混同していた過失に気づいて、その束縛から脱出することである」と説明しています。

これがヨーガ・スートラの八支則についての構造と行法の概要になります。  

□ヨーガの流れ

 古代から伝承され、発達してきたヨーガの思想と行法は、紀元前後にヴェーダンタ哲学を基盤にし、「人生の苦しみからの解脱」を説く「空」なるものの悟りの教えである仏教を生み、その影響をうけながら、やがて、観照者たる純粋精神(プルシャ)と現象する根本原質(プラクリティ)の二元論を説くサ-ンキャ哲学を理論的支柱として、今、検討しました「ラージャ・ヨーガ」の体系であるヨーガスートラが6世紀の頃に成立しました。

ほぼ同時代に併行して、インド思想の原点といわれる叙事詩マハーバラータの成立(BC2世紀~AD4世紀)によって、神への愛と奉仕の道「バクティ・ヨーガ」、行為による悟りの道「カルマ・ヨーガ」、智恵と悟りの道「ジュニャーナ・ヨーガ」が説かれ、8世紀にはヴェーダンタの学匠シャンカラ(700~750頃)によって仏教やヒンズー教を統一する教え=この世はブラフマンという絶対の現われであるという「不二一元論」が生まれ、その後の、インド宗教哲学の中心思想となります。

やがて10世紀を過ぎますと、これまで顕教的、心理的な「私∞宇宙」に対するアプローチから、密教的、感性的「私=宇宙」の捉え方に移行してきました。これをタントリズムといいます。これは現世を苦の世界として否定し解脱を得るという思想から、この世界こそブラフマンの現われであり、陰・陽の原理によって成立しているという現世肯定的な思想の当然の帰結となります。そのことは、人体こそ宇宙(梵)の構造そのものであり、神はその中に宿る生命意識(真我)そのものであるという認識により、その体験を感得する様々な身体技法が考えられ、発達してきました。

13世紀頃になりますと、ヨーガにおいてはその密教的タントリズムの特徴をもった「ハタヨーガ」の教典が聖者ゴーラクシャ・ナータによって書かれ、その後15~16世紀頃には「ハタヨーガ・プラディーピカ」や「ゲーランダ・サンヒター」や「シヴァ・サンヒター」などが成立してきます。

ここでは、様々なヨーガの身体技法や呼吸法や瞑想によって、独自な人体宇宙観が形成され梵我一如の思想が顕現されていきます。その一端を図示し解説を加えていきましょう。  

 □ヨーガの人体宇宙観

ヨーガにおいては生命の源は宇宙の気=プラーナであると考えられています。

この宇宙の気=プラーナが人体を満たし、宇宙の雛型である私達を生かし、宇宙もまた私達の雛型であると考えらているのです。

そのプラーナが人体を通る道 はナーディーと呼ばれそのルー トの数は7万2千本とも35万 本ともいわれています。これら は現代医学では血液の循環経路 や神経管の経路とも捉えること ができますが、比較的東洋医学 の鍼灸に用いられる「経絡」に近いものと考えられ、ヨーガで は微細体(プラーナヤマ・コー シャ)の次元の経路と考えられます。そしてそれらのナーディ ーなかでも大切なルートは14 本あり、その中でも特に重要な 幹線が次の3本となります。  

・スシュムナー管 

このスシュムナー管が頭頂から脊髄の基底部へと通り、人体の中軸となり、天と地を貫くプラーナの通り道となります。宇宙の生命エネルギーであるプラーナは人体の中ではクンダリーニ・シャクティと呼ばれ、このスシュムナーの基底部で三巻き半のとぐろを巻いている蛇と隠喩されています。またこのスシュムナー管を通る生命エネルギー(クンダリーニ・シャクティ)は、そのの中に7つあるといわれる蓮華の花に喩えられるチャクラ(輪=センター)を経過し、次第にそれらを開花(活発化)させて行きます。

これらチャクラは、ヨーガに基づいた生活をしていると、徐々に活性化されて行くものですが、クンダリーニ・ヨーガとは、ムードラやバンダ等を用いた特殊な体位法や呼吸法、瞑想法等の修行によって、より効果的にその眠っている生命力の源、クンダリ-ニ・シャクティ(女神)を目覚めさせ、それぞれのチャクラを活性化させ、眉間の部位(アジナ・チャクラ)で待っているといわれるシヴァ神(男神)と合体し、体内の歓喜のエネルギー(プラーナ)を宇宙全体に解放し、梵我一如(ブラフマン・アートマン・アイキャ)の体験を実現しようと発達したヨーガの体系です。このクンダリーニ・ヨーガといわれる中には、タントラ・ヨーガやハタ・ヨーガ等が入ります。このスシュムナー管を中軸にして、イダーとピンガラーという二つの拮抗したエネルギーの流れる代表的なナーディ管がチャクラをはさんで左右交叉しながら通っていると考えられている。これらはあたかも現代の医学においての交感神経と副交換神経の働きを指しているようであり、また、そのチャクラ(輪)という微細体のセンターも、医学的には、各種のホルモン体の位置に対応しているとも考えられている。

・    イダー(月の気道)

イダーは月に象徴され、このイダーを通るプラーナの流れは「陰の性質」を受け持ち、冷やす・静的・女性・精神性等が優位になります。上部では左の鼻腔に通じています。ですから片鼻のアヌローマ・ヴィロマなどで、こちらを優位に呼吸をすると、副交感神経を刺激し、また、交叉して右脳(感性)を活発化いたします。

・ピンガラー(太陽の気道)

ピンガラーは太陽に象徴され、このイダーを通るプラーナの流れは「陽の性質」を受け持ち、暖める・活動的・男性・行動性等が優位になります。上部では右の鼻腔に通じています。ですから片鼻のアヌローマ・ヴィロマなどで、こちらを優位に呼吸をすると、交感神経を刺激し、また、交叉して左脳(理性)を活発化いたします。

[チャクラについて]

 これらはプラーナマヤ・コーシャ(微細体=イメージ体)上のものであるので、修行者やその状態によって、異なる場合がありますが、脊椎の基底部から上にスシュムナーに添って、順に説明していきましょう。

ムーラダーラ・チャクラ

 ムーラは「根」「土台」、アーダーラは「支え」「支柱」の意味です。人体においては最下部にあり生命力の源・クンダリーニ・シャクティの内蔵されている場所です。会陰部、または肛門と関わりがあります。瞑想によって、4枚の花弁があり、燃えるような金色をしていると捉えられている。

スヴァディシュターナ・チャクラ

スヴァは、「自身の」「私の」、アディシュターナは「状態」「立場」の意味です。人体において性器の辺りにあり、宇宙の気の出入りを司ります。瞑想によって、6枚の花弁があり、血のような赤色をしていると捉えられている。

マニプラ・チャクラ

マニは「宝石」、プーラは「町」の意味です。人体において臍の辺りにあり、内蔵の働きを調節する太陽神経叢にあたると云われている。瞑想によって、10枚の花弁があり、火をあらわすオレンジ色をしていると捉えられている。

アナーハタ・チャクラ

アナーハタとは「打たれざる」「触れざる」という意味です。人体において胸あるいは心臓の辺りにあり、打たれざる音・「ナーダ音」がします。血液の循環とともに感情のセンターでもあり真我のとどまっている所です。胸腺とも関わりがあります。瞑想によって、12枚の花弁があり、蕾のような内部は緑がかった輝く光で、外側はピンクのバラ色をしていると捉えられている。

ヴィシュダ・チャクラ 

ヴィシュダは、「清浄にされた」の意味です。人体において喉の辺りにあり、

言葉を司り、興奮ホルモンを分泌する甲状腺とも関わりがあります。瞑想によって、26枚の花弁があり、海のような色をしていると捉えられている。

アージニャ・チャクラ

 アージニャは「命令」「指揮」の意味。人体においては眉間の辺りにあり、第三(霊視)の目であり、命の統合・命令・調整を司ります。脳下垂体や視床下部とも関わりがあります。瞑想によって、2枚の花弁があり、白光色をしていると捉えられている。

サハスララ・チャクラ

サハスラは「千」の意味。千の花弁を持つ蓮華のチャクラと云われています。人体においては脳の中、そして頭頂から天に開いています。アージニャ・チャクラでシヴァ神(智恵)とシャクティ女神(生命力=クンダリーニ)が合体しブラフマ・ランドラ(結節)を突き抜けて頭頂へ至り梵我一如の境地を得て、サハスラを経て宇宙へ至ります。千枚の花弁があり、光の虹色をしていると捉えられている。 

□仏教とヨーガ

 およそ2500年前、インドにおいて、夜明けの明星がひときわ輝いた、ある暁の時、菩提樹の下にて「奇なるかな、奇なるかな、天地一切のもの、はじめより仏の妙相を具す!」と感嘆し、深い瞑想より目覚めたゴータマ・シッタルダの悟りによって始まった仏教は、この論考の始めの頃にお話しましたように、王子が29歳の時に宮廷を出てから後、6年間の厳しい修行を経て達成されたものでした。

・シッタルダの修行 

シッタルダは出家した後どんな修行をしたのでしょうか? カピラ城を出たシッタルダは、それまで王子時代に天地開闢についての神話や、祭祀の方法や、祈りの言葉について書かれたアーリヤ民族系の古典である「ベーダ聖典」を学び、さらに当時の奥義書と言われる、不滅霊魂の業による生死輪廻転生を説く「ウパニシャド」思想をすでに学んでいたはずです。仏伝によりますと、その後、林野を遊行し、ウッダカ仙人に就いて修行し、「無所有にして無色界そして寂静の境地」を得て後、アララカーラマ仙人に就いて修行し、事実に基づいた記憶であれ、夢であれ、それらを生む地水火風空の五大であれ、万物は転変する自我の幻影(マ-ヤ)と説く「非想非々想の境地」を得て、なおも生きる意味を問いつづけ、かつて誰も体験しなかったと云われるほどの様々な苦行や断食行を実践し、激烈な瞑想したと云われています。まさしくそれは当時のヨーガの行そのものであったと考えられます。そして得られた無上正等覚=全てのものは連続しながら相互依存していて、変化し、循環するという「空」の思想と、それ故、修行によって、業(カルマ)による輪廻転生から解脱できるのであって、永劫不滅なる「我なる霊魂は無い」とする「無我」の思想が生まれたのです。この「無我の思想」が当時のウパニシャドなどでは、永遠不滅なる霊魂「真我(アートマン)」の存在が宗教思想の中心になっていましたので、仏教は無神論の一種と考えられていたようです。

・    仏陀の教え 

そこでは、仏陀は、人生とは生きる苦しみ(生)、老いる苦しみ(老)、病による苦しみ(病)、死による苦しみ(死)に常におびやかされ、心はいつも、会いたくない人に会わねばならない憂い(憂)や、逆に、会いたい人に会えない悲しみ(悲)や、欲しいと思うものが得られない苦しみ(苦)や、常に生理的な欲求が次々に生まれ苦しめられている(悩)と見ています(一切皆苦)。この苦しみには原因があり、一人一人の中には、個の受精以前の32億年を越える生命の歴史の記憶(業=カルマ)があり、又、生まれてからも環境や日常生活の過ごし方の積み重ねの結果が現在の私達の姿であることを説きます。(十二因縁の法)

・    八正道 

それゆえ、これらの苦しみを減じるには、その原因である日常の暮らしや習慣を正しいものにする事が良い結果を生み、解脱を得る。と説きます(四諦)。

それには八つのポイントがあるといいます。 即ち、正しい見解、正しい思い、正しい言葉、正しい行い、正しい職業、正しい努力、正しい願い、正しい瞑想といいます。正しいとは調和のとれたということであり、それを仏教では「中道」といい「八正道」ともいいます。正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定という日常の暮らしの教えがそれです。

なかでもヨーガの見地から見れば、仏教は、三毒とよばれる「貪り」(タマス・グナ)と、「怒り」(ラジャス・グナに対応)と、「無知」(サットバ・グナの不在に対応)から生まれる人生の苦しみから解放されるために、「諸行無常…この世の全てのものは変化する」「諸法無我…それ故、自分自身も例外ではない」「涅槃寂静…この欲界への執着を落とせば自在無碍・空となる」の「三法印」を悟る「智慧のヨーガ(ジュニャーナ・ヨーガ)」の傾向を多く持っている思想と云えます。 「正見」とは「三法印」そのもので世界を理解する事をさします。

また、仏教では「智の目、行の足」と言われるように、その<仏の智慧>を得るためにも、又、悟りの後においても、日々暮らしの中で、心身の調和の取れた「八正道」に基づく生活こそが大切な事と説きました。先に述べたように法句経(ダンマ・パダ)においては、「まさに智はヨーガより生じ、ヨーガなくして智は滅ぶ。その道理を知りて、ヨーガを行じ、智を増大せしめよ。」(20章282)とヨーガの行を必須のものと捉えているのです。

その後、仏教は、アショカ王(BC3世紀)らの信仰によってインド国内に広がり、発展しながら、ヨーガ・スートラにおける理論的支柱になっているサーンキャ哲学(数論派)等、当時の宗教思想に多大な影響を与えています。

このようにヨーガと仏教、そしてその後のヒンズー教は、古代のヴェーダ教典や、ウパニシャッドの思想を背景としながら、相互に影響し合い、発展してきたのです。その後、8世紀に「不二一元論」を説くシャンカラによってそれらの流れが理論的にも統一されインドの宗教思想の中軸をなしてきたのです。  

 

 

ヴェーダ ヴェーダーンタ

SOURCE & 参考になるサイト

ヴェーダーンタについて

インド六派哲学の一。ヴェーダーンタは『ヴェーダの末尾』、ウパニシャッドの意。

インド哲学の最有力であり、ヴァーダラーヤナが前1世紀ごろ開設する。ウパニシャッド哲学を重要視し、ブラフマンを宇宙唯一絶対の究極原因者としてアートマンブラフマンの一致こそが人生の目的と説く。

根底経典は「ブラフマ・スートラ」。

ミーマーンサー学派と姉妹学派。

 

 

ヴェーダーンタ哲学とはなにか

http://www.tunnel-company.com/data/swami1.pdf

 

 



 

 

日本の社会に浸透したヴェーダ

No.131 2010年3・4月号 - ヴェーダ総合情報サイト より

 

 一般にヴェーダと言いますと、日本をはじめインド以外の国々では、インド哲学や宗教学といった学問の中でしか知られていません。けれども部分的に、最近、一般の人々の間にもヴェーダの英知が伝わってきています。

 

 例えば、インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」は、自然治癒力を最大限に引き出して病気をいやすということで今大変注目されていますが、これは4種類あるヴェーダの中で科学的知識が収録されている「アタルヴァ ヴェーダ」の中から、医学にかかわる部分が抜粋されて体系化されたものです。また最近、「インド式計算術」と呼ばれるものの関連本が書店でベストセラーになっていますが、この中の計算法や公式もやはりアタルヴァ ヴェーダから来ています。

 

 さらに、日本では若い人も年配の方も、美容と健康のためにヨガを習うことがブームになっており、日本中どこへ行ってもヨガ教室が開かれています。ヨガ教室ではヨガの前後にマントラという呪文のような言葉を唱えることがあります。ヨガは体の健康を促進しますが、マントラは心の健康を促進します。心身ともに健康であってはじめて幸せな生活が送れます。ヴェーダにはだれもが習うことのできる数多くのマントラがあります。

  

 では、ヴェーダはだれが作り、ヴェーダには何が書かれているのでしょうか? 

 

 ヴェーダは太古の聖者たちが悟りの意識の中で聴いた神の真実の言葉を集めたものであると言われています。真実の言葉、日本の密教で言う「真言」も、もともとは、このインドのヴェーダのマントラから来ています。真言は音を重要視していますから、もとのヴェーダの言葉であるサンスクリット語を翻訳せずに音写したものになっています。如来、観音、菩薩といった、仏教の様々な神様にお祈りするための真言があります。これらの真言はよく「オン」という言葉で始まって「ソワカ」という言葉で終わります。オンはサンスクリット語のオームのことであり、ソワカはスワーハーがもとの言葉です。般若心経はギャーテー ギャーテー ハラギャーテー ハラソーギャーテー ボージーソワカーという文句を唱えて終わりますが、これも真言です。

 

 仏教では、偽りのない真実をあらわす言葉には、その言葉が示す真実、あるいは願いを実現する力があると考えられています。真実をあらわす聖なる言葉である真言を口に唱えることによって、智慧を得ること、また、様々な障害を滅して、福徳を得ることを願い、それらが成就されると信じられています。

 

 かつてヴェーダのマントラは、インドから中国を経て漢字に表記されてはるばる日本に伝わってきましたが、漢字の読みかたは時代とともに変化していきました。この結果、もともとのマントラの発音とはかなり異なったものになってしまいました。しかし、現代にあっては昔のように苦労することなく、だれもが日本にいながらにして、インドの正確な発音を学ぶことができます。

  

 今でこそ様々な分野で注目されつつあるヴェーダですが、インドでは西洋文化の流入やいわゆる近代化の波に飲まれて徐々にヴェーダ継承の伝統は失われつつあります。まだご存知ない方も多いかと思いますが、ヴェーダは最近ユネスコの無形文化遺産に登録されました。

 

 スワミはヴェーダを復興し、ヴェーダに関する知識を人々の間によみがえらせることがご自分の使命であるとおっしゃっています。ヴェーダは国や宗教や身分を越えており、そのメッセージは人間社会に平和と安全をもたらすとスワミはおっしゃいます。世界中のすべての人がヴェーダを学び、ヴェーダの原理を生活に適用する必要があるとスワミは説き続けておられます。

 

 ヴェーダはサンスクリット語という言葉で書かれており、一般的にヒンドゥー教に関係していると信じられています。数年前、アメリカのある帰依者の夢にスワミがでてこられました。その帰依者の方は夢の中でスワミに「私はヴェーダの言葉がわからないので、ヴェーダを理解することも唱えることもできません」と言いました。すると、スワミはその方をおしかりになって、「サンスクリットは言語ではありません。ヴェーダの讃歌の意味は、深い黙想と実践によってのみ理解することができます」とおっしゃられました。サンスクリットは正確にはサムスクリタムと言います。スワミは続けてサムスクリタムの意味を明らかにされました。「サムスクリタムのクリタムとは『行うこと』を意味し、サムヤクは『一致して』という意味です。ですからサムスクリタムとは言語ではありません。サムスクリタムとは、思いと言葉と行動を一致させて実践することにより明らかとなる、自己認識のことです」スワミはこのようにおっしゃって、ヴェーダは、熱心に聴いて、唱えて、その教えを実践に移すことで、真実の自己が明らかになるということをお教えになりました。

 

マントラ プシパムの内的意義

 

 ヴェーダは象徴的で、なぞめいたメッセージにあふれており、私たちの想像を超えています。「マントラ プシパム」とうい名のヴェーダの有名なマントラがあります。スワミはこのマントラに隠された深遠な意味を、先ほどの帰依者の夢で明らかにしてくださいました。マントラ プシパムは次の詩節ではじまります。
 
 
ヨー パーム プシパム ヴェーダ プシパヴァーン プラヂャーヴァーン パシュマーン バヴァティ チャンドラマー ヴァー アパーム プシパムー プシパヴァーン プラヂャーヴァーン パシュマーン バヴァティ ヤ エーヴァム ヴェーダ ヨー パーマーヤタナム ヴェーダ アーヤタナヴァーン バヴァティ

  

 この詩節は文字通りには「水の花と、その月に対する関係を理解する者は至高の住処に到達するだろう」という意味になります。スワミによりますと、生命の水(アパハ)は愛です。インドでは古来、月(チャンドラ)は心に例えられています。水を愛に、月を心に置き換えて、花(プシパ)を「深い意義」と解釈しますと、マントラプシュパムの深遠で重要な意味が明らかになります。この詩節の意味は次のようになります。「愛の深い意義と、その心に対する関係を理解する者は、至高の住処に到達するだろう」これは普遍的な霊性の道です。マントラ プシパムは続く詩節で、世界の主要な六つの宗教がこの霊性の道を基盤としていることを明らかにしています。マントラ プシパムの次の詩節です。
 
 
アグニルヴァー アパーマーヤタナム アーヤタナヴァーン バヴァティ ヨー グネーラーヤナム ヴェーダ アーヤナヴァーン バヴァティ アーポー ヴァー アッグネーラーヤタナム アーヤタナヴァーン バヴァティ
 

 

 この詩節は「供犠の火の重要性を理解する者は至高の住処に到達するだろう」という意味です。この詩節でたびたび登場する「アグニ」という言葉は「火」を意味します。イランなど中近東で信者が多いゾロアスター教は光の象徴としての純粋な火を尊びます。スワミはゾロアスター教の聖なる火の霊的意味を次のようにおっしゃっています。「すべての苦しみを聖なる火の中に投じ、堂々と、立派に、神聖になりなさい」この詩節に続く詩節は、マントラ プシパムの中で繰り返し何度も唱えらます。

 

 

ヤ エーヴァム ヴェーダ ヨー パーナムヤタナム ヴェーダ アーヤタナヴァーン バヴァティ

 

 この詩節の意味はこうです。「これは知られるべきすべてである。愛によって輝く者は、至高の住処に到達するだろう」マントラ プシパムの次の詩節はキリスト教に関連しています。
 

  

アサゥ ヴァィ タパンナパーマーヤタナム アーヤタナヴァーン バヴァティ ヨー ムッシヤ タパタ アーヤタナム ヴェーダ アーヤタナヴァーン バヴァティ アーポー ヴァー アムッシヤ タパタ アーヤタナム アーヤタナヴァーン バヴァティ

 

 

 「アサゥ ヴァィ タパンナハ」は「焼けつくような太陽」を意味します。十字架は焼けつくような太陽の苦痛と苦悩の象徴です。エゴと肉体意識を十字架上で滅ぼすことはキリスト教の真髄です。イエスの説く同胞愛は肉体意識を克服する助けになります。ですからこの詩節の意味は次のようになります。「愛と、エゴの消滅というこの二つの相互のつながりを理解する者は、至高の住処に到達するだろう」スワミは十字架の霊的な意味を次のように教えてくださっています。「『私』は英語ではIと言いますが、(縦線一本の)Iという感覚を(横一文字に)ばっさりと切ってしまって、エゴを十字架上で死なせなさい。そして永遠の命を得なさい」

 

 

 マントラ プシパムの次の詩節はイスラム教に関連づけて解釈できます。

 

 

チャンドラマー ヴァー アパーマーヤタナム アーヤタナヴァーン バヴァティ ヤシ チャンドラマサ アーヤナム ヴェーダ アーヤタナヴァーン バヴァティ アーポー ヴァィ チャンドラマサ アーヤタナム アーヤタナヴァーン バヴァティ

 

  
 「チャンドラ」は月を意味します。月の変化は心がさまようことと関係しています。至高の神に対する愛に心を定めることは、イスラム教の真髄です。このように、この詩節は「しっかりとした信仰心や信念と、愛の間の関係を理解する者は至高の住処に到達するだろう」という意味です。スワミはイスラム教の月と星のシンボルの意味について次のように教えてくださっています。「三日月から決してさまようことなく、しっかりとした信仰で動じることのない星のようになりなさい」

 

 
 次に続く詩節はユダヤ教に関連付けて理解することができます。

 

  
ナックシャットラーニ ヴァー アパーマーヤタナム アーヤタナヴァーン バヴァティ ヨー ナックシャットラーナーマーヤタナム ヴェーダ アーヤタナヴァーン バヴァティ アーポー ヴァィ ナックシャットラーナーマーヤタナム アーヤタナヴァーン バヴァティ

 

 
 「ナックシャットラム」は星を意味します。星はあらゆるところに満ちている意識の象徴であり、ユダヤ教の精髄です。このように、この詩節は「全知、全能、遍在の愛の神の偉大さを認識する者は、至高の住処に到達するだろう」という意味に解釈されます。スワミはユダヤ教の星の意味を次のように説明していらっしゃいます。「星の6つの点によって象徴される6つの方角(東西南北、上下)のすべてを支配する神を信頼しなさい」

 

  
 次の詩節は仏教に関連付けられます。

 

 
サムヴァッツァロー ヴァー アパーマーヤタナム アーヤタナヴァーン バヴァティ ヤスサムヴァッツァラッスヤーヤタナム ヴェーダ アーヤタナヴァーン バヴァティ アーポー ヴァイ サムヴァッツァラッスヤーヤタナム アーヤタナヴァーン バヴァティ

 

 
 「サムヴァッツァラ」(年)とは時間を意味します。仏教の法輪は原因と結果をもたらす時間に関係しているダルマを象徴しています。愛の行為は時間を越えたダルマ(正しい行為)です。ですからこの詩節は、「愛と時間(行為)の間の相互関係を理解する者は至高の住処に到達する」ということを意味します。スワミは仏教の法輪の霊的な意味を次のように教えてくださっています。「原因と結果の輪(サイクル)と、それらすべてを正しいものにするダルマの輪、法輪を覚えておきなさい」

 

 

 マントラ プシパムの最後の3行はヒンドゥー教に関係しています。

 

 

ヤ エーヴァム ヴェーダ ヨー プス ナーヴァム プラティシュティターム ヴェーダ プラティエーヴァティシュタティ

 

 
 「これは知られるべきすべてである。これを知る者は、愛の海に浮かぶ船のように安定している。彼は己れこそが、知られるべきすべてであると知ることができるであろう」創造と知識の始まりの音はヒンドゥー教の聖音オームです。スワミはおっしゃいます。「宇宙の中心で鳴り響き、あなたの呼吸の中でも繰り返されている原初の音に耳を傾けなさい」

 

 ヴェーダは言います。「エーカム サット ヴィップラー バフダー ヴァダンティ」―真理はひとつ、賢者はそれを様々な名前で呼ぶ。様々な信仰は特定の文化伝統に即した様々な方法で、神の愛と正義という同じ永遠のメッセージを表現しているのです。

 

 より最近の宗教の教えの真髄も、最古の聖典であるヴェーダの教えの真髄となんら変わりません。古代と現代の霊的な道の偉大な統合者であられるスワミは、私たちに、まさに「宗教はただ一つであり、それは愛の宗教である」ということを示しておられるのです。
 

プラサーダム

プラサーダム - iskconosaka ページ! より

プラサーダムの本来の意味は、" 神の慈悲 " です。バガヴァッドギーター第9章26節でクリシュナは「もし人が愛と献身で葉、花、果物、水を私に捧げるならば、私はそれを受け入れよう」と言っています。私たちクリシュナの献身者は、毎日心を込めてクリシュナのために、新鮮な野菜や果物を使って料理を作り、出来上がった料理をクリシュナに捧げてから、そのお下がりをいただきます。

 クリシュナにまず最初に召し上がっていただくため、料理中に味見はしません。

こうして愛と感謝の心で捧げられたもののお下がりをプラサーダムと呼ぶのです。

全ての喜びはクリシュナを通して味わえます。クリシュナとの触れ合いの中で感覚は完璧に満たされます。ですからクリシュナに捧げた料理を食べることで私たちは満足できます。

 

私たち献身者は、肉、魚、卵など、動物を殺して食べることはしません。また、無知の様式とされている、匂いのきつい、にんにく、ねぎ、ニラ等の五葷と言われるものやキノコ類も避けています。

 なぜ肉食はいけないのか?という質問をよく受けますが、クリシュナに捧げるのに、残酷に殺された動物の死体はふさわしくないからです。狭くて不潔な檻に繋がれ、多くの薬品を投与され、不自然に太らされた挙句、屠殺場に送られ、恐怖と苦しみと痛みの中で殺されていった動物の死体を食べることが、私たちの身体や心に良い影響を与えるとは考えられません。自分たちの感覚満足のために何もわざわざ動物に苦痛を与えなくても、新鮮な野菜や果物、穀物、ナッツ類を使って、栄養豊富でおいしい料理をいくらでも作ることができます。そして牛を殺さなくても手に入る、牛乳や乳製品もたいへん価値のある食品です。でも野菜や果物にも命があるのでは?という質問もよく受けます。その通りです。ですから、まず、全ての存在の源であるクリシュナに捧げてからいただくのです。プラサーダムとは、クリシュナに捧げられた、カルマ(罪の反動)のない食事なのです。

 食べた物が私たちの身体を作り、また意識にも影響を与えます。クリシュナ意識を修練する献身者は、毎日クリシュナのプラサーダム(慈悲)をいただいて、心も身体も浄化するのです。

 

 

食べ物と食習慣

21 - Hare Krishna ISKCON JAPAN  より

アーハーラ スッダウ サットヴァ スッディヒとヴェーダ経典は言っています。「食べ物が純粋であれば存在全体が純粋だ」

ヴェーダ経典を学んでいる人は伝統的に食べ物にはとても厳格です。料理人の意識が食べ物の中に反映されると考えるため、料理人の思考も食すこととなり料理人のカルマの反動を受ける結果になります。ですから、悪い習慣や不浄な意識の人が調理した食べ物を献身者は食しません。主チャイタンニャが言われました。「物質的な人が調理した食べ物を食すと心も物質的になる。心が汚染されているとクリシュナを正しく思うことができなくなる。」(『シュリー・チャイタンヤ・チャリタームリタ』アンティァ リーラー6章278節)ですから、献身者はクリシュナ・プラサーダムのみを食するよう修練します。

プラサーダムにはカルマがないだけでなく浄化作用のある食べ物です。クリシュナ意識の原則に従っている献身者が心を込めてクリシュナのために料理し捧げた食べ物だからです。クリシュナ意識を早く発達させるためには食を厳格に守ることも必要です。クリシュナ・プラサーダのみを食する生活にすることが一番の方法です。

ですが、献身者だっていつも厳格に守るのは無理です。忙しく働いている独身者や旅行を頻繁にする人は時には食べ物を買って食べなければなりません。外で食べ物を買うのであれば果物が一番良いでしょう。乳製品(牛乳、ヨーグルト、牛乳で作ったお菓子、チーズなど)も一般人が作っていても純粋であると考えられます。

一般的なレストランでの食事は献身者にはよくありません。非常時にレストランに行かざると得ないような場合は清潔な菜食のレストランに行った方がよいでしょう。料理のなかに玉葱やニンニクが入ってないかチェックしてください。肉も出すレストランでは、菜食料理であっても絶対食べてはいけません。

現在インドでは卵は菜食主義者の食べ物であるという噂が広がっています。生物学的には栄養豊富な卵は胎芽(液体の肉)です。栄養のない卵は鶏の月経です。卵は非菜食主義者の食べ物だとシャーストラも言っています。シャーストラに反することは全て嘘だと思ってください。科学者や政治家や養鶏家は甘い言葉で私たちを騙そうとしているのです。騙されてはいけません。

カルマの法則によると、一般人が調理した穀物はカルマの反作用が大きいのです。ポン菓子やポップコーンなどは、良くはないのですが、一般人が調理していても余り害はありません。しかし、一般人が調理したパンやビスケットは、カルマの影響が非常に大きいですから完全に避けた方がよいでしょう。

玉葱やニンニクは厳格に禁じられています。クリシュナに捧げられないからです。肉のように最も低い自然の様式(タモ・グナ、無知の様式)で意識に影響するからです。

お茶やコーヒーやチョコレートのようなマイルドな陶酔物も止()めた方がいいでしょう。不健康で不純で不必要であるばかりか習慣性もありクリシュナに捧げることができません。

また、一般人が調理する食品に含まれる非菜食主義者の原材料にも気を付けて下さい。パン、ビスケット、アイスクリーム、缶詰類(欧米の国々ではチーズやヨーグルトも)も卵成分やレンネット(牛の胃の粘膜)そしてゼラチン(動物の骨から抽出されている)を含んでるので避けてください。パッケージの箱に「ショートニング」や「レシチン」などの何かよく解らない添加物が書いてあります。原材料が植物か動物かわかりません。そのような場合に心配するくらいなら買わないほうがいいでしょう。

結局、なんだかんだといってもクリシュナ・プラサーダのみに執着しているのが一番です。今の人は調理を面倒がりますが健康の面からも家庭料理が一番です。精神面の健康は言うまでもありません。